コラム
Column
コラム 機械式駐車場のメンテナンス業者はどの会社を選べばいいの?それぞれのメリット・デメリットを解説!

機械式駐車場のメンテナンス業者はどの会社を選べばいいの?それぞれのメリット・デメリットを解説!

機械式駐車場のメンテナンス業者はどの会社を選べばいいの?それぞれのメリット・デメリットを解説!

都市の拡大と共に駐車スペースの課題が顕在化する中、マンションなどでよく見かける機械式駐車場。
そして、機械式駐車場を長く安全に使っていく為には定期的なメンテナンスが必要不可欠です。
そんなメンテナンスを担ってくれる業者は大きく分けて「機械式駐車場(メーカー系)業者」と「独立系メンテナンス業者」の2種類あるのはご存じでしょうか?

本記事ではそんな機械式駐車場のメンテナンス業者ごとの特徴、メリット・デメリットについて、機械式駐車装置の総合メーカーである豊国ファシリティーズ コラム編集部が、徹底的に解説していきます!

機械式駐車場のメンテナンス業者の種類

機械式駐車場のメンテナンス業者は、大きく分けて「機械式駐車場(メーカー系)業者」と「独立系メンテナンス業者」の2種類があります。
では早速、それぞれの特徴を見ていきましょう。

機械式駐車場(メーカー系)業者の特徴

機械式駐車場(メーカー系)業者とは、機械式駐車場を製造しているメーカーが直接メンテナンスを請け負っている業者のことを指します。
基本的に自社が製造している機械式駐車場をメンテナンスする為、メカニズムやエレベーターシステムに対処するための専門的な機械工具や設備、ノウハウを熟知している為、迅速で正確な診断や修理が可能です。

独立系メンテナンス業者と比較すると費用は高い傾向にありますが、特殊構造の機械式駐車場でも対応可能(自社製品に限る)であったり、手続きの際のやり取りがスムーズに済ませることが出来ます。

代表的な機械式駐車場(メーカー系)業者は、

  • 日栄インテック株式会社
  • IHI運搬機械株式会社
  • 日精株式会社
  • 株式会社 ニッパツパーキングシステムズ
  • 株式会社豊国パーキングシステム

などが挙げられます。

独立系メンテナンス業者の特徴

独立系メンテナンス業者とは、同業他社やメーカーとのネットワークを有し、独自のメンテナンスノウハウで業務を展開している業者のことを指します。
最大の特徴は、機械式駐車場の製造には携わらず、その結果、研究開発や製造に伴う巨額の費用を抱える必要がない点です。

費用が純粋にメンテナンスに関連しており、これが通常メーカー系メンテナンス業者よりも安価である傾向があります。その上、現在では独立系もメーカー系に劣らない高い技術力を有しています。

代表的な独立系メンテナンス業者は、

  • 日本駐車場メンテナンス株式会社
  • 株式会社エレテックコーポレーション
  • エヌエイチパーキングシステムズ株式会社
  • JFEテクノス株式会社

などが挙げられます。

機械式駐車場(メーカー系)業者のメリットとデメリット

機械式駐車場(メーカー系)業者のメリット・デメリットはどのようなものがあるのでしょうか。
メリット、デメリットを分かりやすく解説いたします。

機械式駐車場(メーカー系)業者のメリット5つ

  1. 製造メーカーとメンテナンス業者の窓口がまとめられている為、手続きがスムーズ
  2. 基本的に自社製品をメンテナンスする為、ノウハウや仕様、部品に詳しく社内での情報共有が早い
  3. 基本的に部品が常に取り揃えられている為、部品調達の為の時間があまりかからない
  4. 特殊構造の機械式駐車場でも対応可能(自社製品に限る)
  5. メンテナンス中のトラブルが少ない

機械式駐車場(メーカー系)業者にメンテナンスを頼む最大のメリットは、安心感と対応力です。
やはり自社で製造しているという点が強みとなっています。

次に、機械式駐車場(メーカー系)業者のデメリットを解説します。

機械式駐車場(メーカー系)業者のデメリット4つ

  1. 独立系メンテナンス業者と比べると費用が高い
  2. メンテナンス業務を下請け業者に依頼している場合、余計に費用がかかる場合もある
  3. 自社製品は熟知しているが、他社の機械式駐車場のメンテナンスは出来ない
  4. 理事会などに出席を求めても応えてもらえない可能性が高く、やり取りがしづらい傾向にある

機械式駐車場(メーカー系)業者のデメリットは、(独立系メンテナンス業者と比べると)費用が高いという点です。
しかし、特殊な機械式駐車場の場合は独立系メンテナンス業者では対応できない可能性も高いため、デメリットを考慮した上で機械式駐車場(メーカー系)業者に依頼している場合もあります。

独立系メンテナンス業者のメリットとデメリット

それでは、独立系メンテナンス業者のメリット・デメリットはどのようなものがあるのでしょうか。
メリット、デメリットを分かりやすく解説いたします。

独立系メンテナンス業者のメリット3つ

  1. 機械式駐車場の製造はしておらず、製造費等が必要ない為、機械式駐車場(メーカー系)業者よりも低価格でメンテナンスすることが可能。
  2. 理事会などに出席、やり取りがしやすく要望も伝えやすい傾向にある
  3. さまざまな機械式立体駐車場の製造メーカーとの付き合いがあり、知識が豊富。

独立系メンテナンス業者の最大のメリットは、費用の安さです。また、さまざまなメーカーと付き合いがある為、機械式駐車場についての知識が豊富である点も強みです。

次に、独立系メンテナンス業者のデメリットを解説します。

独立系メンテナンス業者のデメリット4つ

  1. 製造メーカーではない為、窓口が複数あり手続きが複雑になる
  2. 在庫として確保されている部品数が少ない為、メンテナンスに時間がかかる場合もある
  3. 特殊な機械式駐車場の場合、対処できない可能性がある
  4. メンテナンススタッフの技術力が、機械式駐車場(メーカー系)業者よりも劣っている可能性がある

独立系メンテナンス業者のデメリットは、手続きが面倒でメンテナンスに時間がかかる可能性があると言う点が大きいです。
また、スタッフや業者ごとにメンテナンスの技術力もバラつきがある為、適切な業者探しも重要となります。

機械式駐車場のメンテナンスは必要なのか

機械式駐車場は狭い土地で駐車台数を増やせ、高い防犯性が魅力ですが、予期せぬトラブルが発生しやすく、比較的壊れやすい設備でもあります。
そのため、建築基準法8条に基づき、定期的なメンテナンスが推奨されています。
この維持保全事項の遵守により、機械式駐車場が効率的かつ安全に機能し続けることが期待されます。

機械式駐車場のメンテナンスの頻度は?

機械式駐車場のメンテナンスには大きく2つのメンテナンスがあります。
1つは「予防保全」です。これはどこかが故障したり、トラブルが起きたりする前に行うメンテナンスのことを指します。予防保全を定期的にしっかり行なっておくことで突発的な故障やトラブルのリスクを軽減できます。
次に「事後保全」です。これは文字通り、故障やトラブルが発生した後に行うメンテナンスのことです。

メンテナンスの頻度はルールがあり決まっているわけではありませんので、基本的に管理者の判断に委ねられています。

機械式駐車場のことなら豊国ファシリティーズにお任せください

豊国ファシリティーズは世界に誇れる高い技術力と、利便性・安全性・美しさを満たす駐車場システムを提供するエキスパートです!
当社は1990年に水門の総合メーカーである豊国工業の民生部門として誕生し、機械式駐車装置をはじめ防水扉やその他産業設備の製造・販売を行ってきました。そして2010年に事業分割によって「豊国ファシリティーズ」が設立され、多段式駐車装置の総合メーカーとして実績を積んできました。

事業開始からこれまで、確かな経験と技術で時代のニーズに応える設計製作をマンション、商業施設等に提案・導入しています。

豊国ファシリティーズ

HPはこちらから

結論

機械系駐車場のメンテナンスは、「機械式駐車場(メーカー系)業者」よりも「独立系メンテナンス業者」の方が低価格です。
しかし、費用面だけでメンテナンス業者を選択することはお勧めしません。
それぞれの業者にメリット・デメリットがありますし、もし仮に「安い!」と言う理由だけで独立系メンテナンス業者を選んでしまうと、
技術面で満足出来ない可能性もあります。

メンテナンス業者を選ぶ際には、これまでの作業実績やスタッフ教育、手続き方法など複数の視点から判断することが大切です。

まとめ

今回は機械式駐車場のメンテナンス業者ごとの特徴、メリット・デメリットについて解説させていただきました。
こちらのブログでは、機械式駐車装置の総合メーカーである豊国ファシリティーズ コラム編集部が立体駐車場に関する様々な情報などを発信していますので、是非関連記事なども合わせてご覧ください!

Contact

ご不明点やご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

弊社ではお客様の声を大切にし、より良いサービスの提供に努めております。何かご不明な点やご要望がございましたら、お気軽にお問い合わせください。